印西市で整体を受けるなら地元人気NO1の腰痛肩こり膝痛解消専門 たにざわ整体印西室

正しい正座

正しい正座

かしこまった場では必須の姿勢

最近では和室の無い家も多くなりました。

毎日必ず正座をするという人も少なくなっていますが、

お祝いや法事の席など和室での行事の時はどうしても必要な姿勢です。

茶道、華道といった日本の伝統的な文化もこの正座という座り方を中心にして

それぞれの作法が成り立っています。

足を折り曲げているだけ?

しかし正座というものを大半の人が誤解しています。

正座とは足を折り曲げて座っていれば良いというものではありません。


       猫背型の正座  反り過ぎの正座



上の二つの写真は、土台となる骨盤が後ろに倒れてしまっています。

これでは肩から首、背中から腰の筋肉がすぐに疲れてしまいますし、

足もしびれやすいのです。


正しい正座とは

正しい正座とは、しっかり立った骨盤にリラックスした上半身が乗っています。

そして体重は膝から足先まで床に接地している面に

均等にかかるので、足がしびれにくいのです。

正しい正座

正しい正座のすごい力

正しく正座ができると骨格とインナーマッスルが

しっかりと働いて体を支えるため、とても強い力が出ます。

肩を上から押さえられてもなんなく立ち上がることができますし、

正座から両手をついて礼をした場合、背中の上に人が乗ったとしても

苦しくありませんし、つぶれることもありません。

このように人間の体というのは

正しく使えば想像以上の力が発揮できるようになっているのです。


たにざわ整体では、正しい正座の仕方を丁寧に指導しています。

また、ニュースレター『からだの取扱説明書』で詳しい解説をしています。



画像の説明

画像の説明 たにざわ整体 印西室


画像の説明

【アクセス】
 JR成田線 小林駅より徒歩10分
【住所】
 千葉県印西市小林1588-1

【電話・ご予約】 
 0476-97-6625

【診療時間】
 月・木・金・土 10:00-20:00
 日 8:30-12:00(午後はヨガクラス)

【予約受付】
 電話受付 朝9:00より
 メールでの受付は24時間受付中

【休診日】
 火・水
 

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional